MoncMoncMAZAGINE

Read Article

【徹底解明】ドナルドトランプ氏の髪型はかつらか自毛植毛か

トランプ氏かつら疑惑

アメリカ大統領選挙の最終候補者の一人に残ったドナルドトランプ氏

知れば知るほどガキ大将キャラがそのまま大人になったような愛すべきキャラに見えてきますが、誰しも一度は感じただろうクリントン氏のメール問題に匹敵する(?)彼につきまとう最大の疑惑は『かつら疑惑』ではないでしょうか?

トランプ氏自らも大事な選挙戦の演説時間を使ってまでその『かつら疑惑』を払拭していますが、彼に付きまとう最大の闇をがっちり解決していきます。

■トランプ氏がかつらだという疑惑の発端は?

原因は、あの独特の一度見たら忘れられないオンリーワンな髪型にありますね。
テレビなどで報道されるにつれ目に触れる機会が増え、誰しもじっと見てしまいます。

誰が見ても違和感がある髪型なので、かつら疑惑が生じていますが、
毛が薄くなっているのは事実ですが、実際は、あの髪型は、ヘアスプレーで入念にセットしているようで、人に髪をいじられるのを嫌がっているようです。

米国の雑誌『ローリングストーン』に昔インタビューされた内容だと、
あの『トランプヘア』は日々時間をかけ入念に作られているそうです。

スポンサードリンク

■『トランプヘア』ができるまでを本人直伝レシピで再現(笑)

① 洗髪後には、ドライヤーを使わず自然乾燥させる。
完全に乾燥するまでに約1時間かかるのでその間は雑誌や新聞を読みながら待つ

② 完全に乾いたと思ったらお気に入りのくしを使って慎重にとかしていく
この時には、そっと髪の毛を持ち上げるようにとかすのがポイントで、
ボリュームがあるように見せること。
安易に寝かせるようにとかすのは絶対ダメ。

③ この後が「トランプヘア」最大のポイント。
できうる限り慎重に、そして慎重に、髪の毛を前と後ろに流していく
ふんわりとデリケートに。

④ 形ができたら、動いたり、風が吹いたりしてもセットが崩れないようにするために愛用のヘアスプレーでがっちりと形をキープさせる。

こうして完成するのがトランプ氏直伝の『トランプヘア』です。

大統領選挙期間の多忙な時間でもこんなに時間をかけてヘアセットしているのでしょうか。
彼のことだからやってそうですね。

最近ネット上では、トランプヘアが大流行りで、世界中に真似をする人がいるだけでなく、ペットの犬や猫にまで再現されていますね。
ここまで愛される大統領候補のキャラクターは未だかつていなかったのではないでしょうか。

ところで、トランプ氏は、若い頃はどういう髪型だったのでしょうか?

トランプ氏若い頃

・・・って同じ髪型ではないですか(笑)
結構、本人はこの髪形気に入っているのかもしれませんね。
ただ、若い頃はトレードマークの金髪ではなく、茶髪ですね。
あの金髪は染めているかもしれません。


スポンサードリンク

■テレビ番組で司会者に頭を触らせて必死にかつら疑惑の払拭アピール

大事な大統領選挙の最中にテレビ番組で政策を訴えるのかと思いきや、
CNNの人気番組で司会者のジミーファロン氏のたっての願いに答えます。

司会者:次お会いした時に大統領になっているかもしれないから、
その前に確認しておかないとならないことがある

司会者:あなたの髪をぐちゃぐちゃにしてもよいかい?
観客:爆笑

トランプ氏:困惑の表情を浮かべた後・・・答えは「Yes」だ

司会者:やった

詳しくは下の動画をご覧ください

■かつら疑惑払しょくのため大事な大統領選挙の演説中にもアピール

大統領選挙期間にトランプ氏がやってくれました。
ニュースにも取り上げられるくらい。
この人、何でも話題になりますね。

新聞に『かつら』だという見出しが出たことに反論し、
支援者の集会で参加者の女性にトレードマークとなっている
ゴールデンヘアを触らせます。

トランプ氏:『触ってみてください、自毛ですか?』

女性:『確かに自毛ですね』

短い時間のやり取りなので、本当にそうなのか不明ですが、
あえてこうしたやり方でかつら疑惑を晴らすあたりがトランプ氏らしいですね。

■結局かつらなの自毛なの?

数々の暴言や誇大発言を重ねるトランプ氏。
ヒラリークリントンやオバマ大統領に嘘つき呼ばわりまでしております。
(オバマ大統領にはいまだに出生地を偽っているといい続けていますね)

そんなトランプ氏だからこそ、かつら疑惑に関しても、正直に本人の言葉で語っています。

関連記事:ドナルドトランプの意外過ぎる名言・暴言王と思いきや意外な側面も

私を嫌っている奴や負け犬達は認めたがらないが、知っているように、私はかつらを着けていない。私の髪は完璧ではない、だが私自身の髪だ。

完璧ではないということまで正直に言われてますが、
かつらではないとすれば、実際は、何なのでしょうか?

実は、髪が薄くなっているのは事実で、それを解決するために2016年世界資産家ランキング第324位のスペシャルリッチなトランプ氏は、自毛植毛をしているらしいです。

関連記事:ドナルドトランプ氏の資産はいくらか(大統領選挙で目減りした最新版)

噂では、離婚した奥さんに薄毛治療を薦められて、失敗した後に自毛植毛をしたとか。
自毛植毛とは、薄くなりがちな前頭部に、残っている高等部の毛根ごと採取し、植え付けることで毛を甦らせる手法です。
一部だけでも数十万円、場合によっては数百万円かかる手術ですが、
あれだけ髪型にこだわった大富豪のトランプ氏にかかれば、安いものかもしれませんね。

アメリカ大統領になろうとしている人が、嘘はつかないでしょう。
ということで、かつら疑惑は『なし』でしたが、
トランプ氏は自毛植毛や髪を染めるなどして日々時間かけて入念に髪型維持をするほどの普通の人が考えられないくらい髪に情熱を注いでいるということがはっきりわかりました。

スポンサードリンク
URL :
TRACKBACK URL :

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. トランプちゃん、かつらじゃなかったんだね

aaa への返信 コメントをキャンセル

*
* (公開されません)
*

Facebookでコメント

Return Top