MoncMoncMAZAGINE

Read Article

坂東三津五郎のすい臓がんの病状悪化で59歳で死去。

歌舞伎役者の坂東三津五郎さんが、すい臓がんのため59歳で亡くなりました。 本名は守田寿(もりたひさし)さん。九代目坂東三津五郎さんの子供で、 十代目坂東三津五郎を襲名しておりました。

十代目坂東三津五郎と日本舞踊坂東流の両方の後継者は長男になるのか

坂東三津五郎家の十代目

坂東三津五郎

坂東三津五郎さんは、歌舞伎の一族である、守田家にて産まれましたが、 守田姓で坂東三津五郎を名乗っているのは、もともと江戸三座の一つ守田座の守田家から 坂東三津五郎家に養子に入った七代目坂東三津五郎から本名が守田が続いております。 1956年に九代目坂東三津五郎の子供として生まれ、小さい頃から5代目坂東八十助として歌舞伎役者としてキャリアを重ねておりました。 父親の九代目坂東三津五郎は、1999年に死去しており、2001年に坂東三津五郎を襲名。歌舞伎だけでなく、ドラマや映画などでも幅広い活躍をしておりました。

スポンサードリンク

坂東三津五郎の最初の嫁は寿ひずる

2度の結婚を経て現在は離婚し独身となっておりますが、1人目の嫁が宝塚のスターだった寿ひずるさんで1983年に結婚しており、その後1男2女の3人の子供を授かりました。 歌舞伎役者だけに、夜の交友関係も広く、のちに結婚した近藤サトさん以外にも様々な女性との噂が絶えませんでした。離婚が決定してから、養育権に関しては、寿ひずるさんが幼少時に父と死別しており、また子供が母側に引き取ると姓を変えなければならず、苦労するだろうことから坂東三津五郎側に養育権を委ねたとのこと。

二人目の嫁は近藤サト

2人目の嫁が元フジテレビアナウンサーの近藤サトさんですが、不倫ののちの結婚ではありましたが、うまくいかず2年で離婚しております(近藤サトさんはその後再婚)。 不倫の末の結婚だけに、坂東三津五郎さんの周囲の梨園の人々や講演会などから冷遇されたこともあり、子供が生まれることも坂東三津五郎家の後継者争いの火種となるということで当事者同士ではない外部からの声で敬遠されたという。

坂東三津五郎の子供たち

寿ひずるさんとの間の長女の守田菜生さんも女優として活躍をしており、長男は、二代目坂東巳之助さんで、現在25歳ですが、歌舞伎の道に進んでおりますので、将来的には、十一代目坂東三津五郎を襲名するのではないでしょうか。


スポンサードリンク

日本舞踊坂東流家元

無題

坂東三津五郎家は、歌舞伎だけでなく、実は、日本舞踊の5大流派の一つ坂東流の家元でもあります。歌舞伎役者の家柄だけあり、単に躍るだけでなく、演じることを大切にする流派として他の流派との差を生じさせており、多くの名人を産んでおります。 この日本舞踊の家元も25歳の坂東巳之助が継ぐこととなり、その母親である寿ひずるさんも離婚はしているものの坂東家には近い存在となることとなりそうです。

スポンサードリンク
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Facebookでコメント

Return Top