MoncMoncMAZAGINE

Read Article

マヤ暦の最後の日は2015年9月3日だった。人類滅亡の重大事に致命的な計算ミス発覚

2012年12月21日は何の日だったか覚えている方も多いと思います。古代マヤ文明で使われていたマヤ暦で最後の日となっていたので、地球滅亡の日という噂になっていた日です。
結局、2012年12月21日は、特に何もなく過ぎ去っておりましたが、今年2015年になって新たな問題が勃発しました。
マヤ暦

マヤ暦の最後の日は、計算ミスで実は、2015年9月3日だった

ピラミッド型の建造物や数字のゼロの概念を発明したことでも知られる、高度な文明だった古代マヤ文明は、驚くべきことに火星や金星などの軌道まで計測しており、天文学などにも精通しており、正確な暦であるマヤ暦を使用していました。

スポンサードリンク

マヤ暦は、天体観測などを行い、1年を365日とする一方、ずれについても把握しており閏日を入れることで調整していた。一方で一年を18日間の20か月の360日とプラス5日という区切り方で考えており、複雑な暦の見方の中で、歴史家が重大なミスを犯したようです。

マヤ暦の計算ミスとは

マヤ暦に対するミスは、閏(うるう)日を計算に入れていなかったことで、これをマヤ暦の発生した時期からカウントしていくと西暦で2015年9月3日。そう今年の9月3日が最後の日となることが判明。

正直、1999年のノストラダムスの予言から、何度も繰り返されており、狼少年のごとくなっているところがありますが、間違いが判明するにしても(何も起こらずに)その日が終わってから判明してほしかったですね…。

まあ、もしもあと〇日で、地球が最後の日だったらどうするかという問いかけを毎回定期的に自分にして、自分の人生を見つめなおす契機にはなるので、良しとしたいところですね。


スポンサードリンク

終末思想は儲かるのか

2012年の時は、世界滅亡から逃れられる聖地として、フランスのド田舎で人口も200人いない「ビュガラック村」というところで人類滅亡説を信じた人々が押し寄せてパニックになった現象が起こりましたが、今年は、どこかで同じようなことが起こるのでしょうか。世界各地で我こそは救命の「聖地」なりと競争になったりしたら面白いかもしれません。世界の最後に自分だけ助かるなんて宗教や商売もあるかもしれませんね。

ただ、予言者もさまざまな方が未来予想を出しておりますが、本家のノストラダムスの予言は2243年まで続いているということなので、少なくてもそれまでは人類がすべて滅亡することはなさそうです。
少なくても自分が死ぬまでは人類滅亡はなさそうなので、一安心ですが、子孫のために戦争や環境破壊などない世界を築いていきたいですね。

スポンサードリンク
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Facebookでコメント

Return Top